炭酸パックのすすめ|今、オススメの炭酸パックとは

炭酸パックの使い方とは

炭酸パックはジェルと粉末の二剤を混ぜるタイプがほとんどです。このせいもあって、炭酸パックは使うのが面倒なタイプのパックだと考えている方も多いかもしれませんね。

また、混ぜたパックはすぐに使用しなければならないなど、炭酸パックの使い方にはちょっとした注意点がいくつかあります。では、ここで炭酸パックの使い方を詳しく説明しましょう。

まっさらな肌で炭酸パックしよう

炭酸パックを使用する前にクレンジングと洗顔をし、肌をまっさらな状態にしておきましょう。水分はきちんと拭き取っておきます。テクスチャーが固めなので、髪の毛がくっついたりしないよう、髪はまとめておきましょう。

次にいよいよジェルと粉末を混ぜてパックを作ります。スパチュラなどを使ってよく混ぜるようにします。その後、すばやくパックを肌にのせます。ここで時間を置くと、炭酸ガスの効果が弱まってしまうので注意しましょう。

アイテムによっては透明のフェイスシートが付属されていることもあります。より効果を高めるため、このフェイスシートをのせて15分から30分程度時間をおきます。

放置する時間はアイテムによって異なるため、必ず使用する前に確認するようにしてくださいね。

より高い効果を目指すなら、半身浴中に炭酸パックを

時間を置いたら、フェイスシートをはがし、スパチュラで大まかにジェルを取り除きます。そのあとで目の細かいスポンジを濡らして、ジェルを拭き取っていきます。最後にぬるま湯でさっとすすいでお手入れは終了です。

炭酸パックはお風呂の外でも使用することができますが、半身浴を行いながらするとさらに高い効果が期待できると言われています。体が温まっているため、より血行が促進されるからでしょう。

パックを洗い流したら、早めに化粧水などを使っていつものお手入れをします。お手入れのステップがいつもよりちょっと面倒に感じるかもしれませんが、その分、いつもよりワントーン明るいモチモチした肌を実感できるはずです。